「検索エンジンに嫌われない」三大ポイント

SEO内部施策として活用されている「SEOコンテンツ」。
SEOコンテンツのライティングにおいて、重要となる大前提があります。

それは「検索エンジンに嫌われないこと」です。

コピペはNG

コピペはNG
サイトコンテンツに求められるのは、オリジナリティとボリュームです。
サイトテーマにそったオリジナルのコンテンツを多く用意しましょう。

他サイトのコピペはNG。検索エンジンはコピペが大嫌いです。

コンテンツの独自性と量的充実を両立するコンテンツ企画として、取材コンテンツがあげられます。

たとえば社員インタビュー。
社員の言葉は唯一無二です。また自社のテーマにそった言葉で語られるため、サイトの統一感を崩しません。
テーマにそったうえ、オリジナルであり、量産が容易なインタビューコンテンツは、SEOコンテンツに適しています。

キーワードを散りばめる

キーワードを散りばめる
SEOコンテンツに盛り込むキーワードをあらかじめ決めておきましょう。

既存サイトにコンテンツを追加するような場合は、Googleアナリティクスを活用してサイトへの流入ワードを調べると上位表示に必要なワードが見つけやすくなります。
Googleアナリティクスを見ても流入ワードが絞り込めなかったり、新規サイトの立ち上げでデータが足りなかったりするケースでは、AdWordsのキーワードプランナーなどを活用して、検索ボリュームを調査し、参考にするといいでしょう。

キーワードを決めたらライティングのスタートです。
キーワードを文頭に配置しながら自然な文章の流れを意識してください。

検索エンジンは、自然な文章の流れを認識していると言われています。
キーワードを盛り込みたいがために不自然なライティングするとペナルティにつながりかねません。

サイトコンテンツのライティングにおいても、「嫌われない」努力が求められます。

忘れがち「サイトマップ(sitemap.xml)」の設置

忘れがち「サイトマップ(sitemap.xml)」の設置
サイトのページボリュームは、大変重要な要素です。
せっかく書き上げたコンテンツも検索エンジンに認識されなければ元も子もありません。

検索エンジンにインデクシングを促すために「サイトマップ(sitemap.xml)」を登録しましょう。

ウェブマスターツールを使い、サイトのsitemap.xmlを登録すれば検索エンジンがこちらを向いてくれるはずです。

sitemap.xmlの登録は、見落とされやすい内部施策のひとつ。
忘れずに実施してください。

Googleの検索窓に[site:URL キーワード](site コロン サイトURL 半角スペース キーワード)と入力すると検索結果画面にキーワードでインデクシングされているページ数が出てくるので参考にしてみてください。

例 [site:https://www.biz4.jp/ seo]

お問い合わせ

お問い合わせ
お電話またはメールフォームより、お気軽にお問い合わせください。

電話:03-5784-0702
受付時間 / 10:00~19:00