WriteUp!

用語集

開封率

か行
(読み:開封率 そのほかの呼び方:OR、Open Rate)

開封率とは、メールマガジンを配信した際に「どれくらい開封されたか」を表す数値のことです。配信数がいくら多くても、この開封率が低いと、メルマガの効果はありません。
ではどうやってこの開封率を計測するのでしょうか。実は、開封率の計測方法はメルマガの形式によって異なります。たとえばHTMLメールの場合。こちらは解析タグを入れることも可能ですし、方法によってはメルマガ内のリンク先アクセス数を開封率とできる場合もあります。ですがガラケー(デコメ)の場合、そうはいきません。メールの仕組み上計測できないようになっていますが、メール配信システムによってはその機能が備わっているものもあります。
開封率はメルマガ配信の際のKPIとされることが多くあります。一概には言えませんが、平均値は大体10%前後です。開封率が10%を下回るようなら、何か改善のための施策を行いましょう。
開封率アップのための施策の例としては、迷惑メールフォルダに入らないようにする、メルマガの件名を改善する、配信タイミングを再考する…などがあります。ユーザビリティを考慮しながら改善策を行っていくことが重要です。

▼使い方
・次回配信のメールマガジンのKPIは、「開封率15%」にしよう。
・開封率アップのためのポイントは、メルマガの件名のつけ方である。