メンバー紹介コラム vol.4 「テニスのニュースメディアで大事にしている3つのこと」

はじめまして、株式会社ライトアップ i-クリエイショングループの目(さがん)です。
私が担当しているのは、WOWOWコミュニケーションズ様のテニス専門のニュースメディア「THE TENNIS DAILY」の運用支援。
記事の企画、ライティング、編集、運用まで一気通貫で行っており、毎月200本前後の記事を公開しています。
入社年:2014年
主な業務:ディレクション・ライティング
趣味・特技:フェス
一緒に数字を追いかけていきましょう!
テニスのニュースメディアで大事にしている3つのこと

テニスツアーの舞台は世界各国。1月から11月末までほぼ毎週、月曜から日曜まで世界のどこかで大会が開催されています。そのため、常に日本との時差に対応しつつ、編集チームのスケジュールを調整しながら進めています。また、土日祝、お盆、年末年始を含む365日記事を公開し続けているので気が抜けません。担当し始めてから約2年半がたちましたが、ずっとマラソンを走っている気分ですね。

ニュースメディアで効率的にPVを獲得するために、大事にしていることが3つあります。

◆スピード感
試合期間中は結果速報の記事をアップしています。他のニュースメディアも速報記事をアップするので、我々は試合終了から0秒で公開することを目指しています。もちろん、内容の正確さと充実さをいかに上げられるかが重要です。そのため、主力選手の情報など、関連ニュースを常にキャッチアップできるよう、編集チーム内で工夫しています。

◆切り口とタイトル
読者の興味を惹くためには、その試合で起きた「面白いこと」をしっかり把握して、フォーカスする必要があります。簡単に言えば「珍事」ですね。「賛否両論の事象」も注目されやすいです。

さらにタイトルを見て、「なんでそうなったの?」と思わせるネタであることが大事です。人が一度に知覚できる文字数は13文字だと言われています。主に二文構成、無駄がなく、本文を読みたくなる(でもあおり過ぎないように)ように意識してタイトルをつけています。

◆読者目線
「THE TENNIS DAILY」はYahoo!ニュースにも配信しています。コメント欄を見ると、試合を観た上で記事を読んでくれている人が意外と多いのです。うまく読者の共感を呼ぶことができた記事はコメントも多く付き、自然とPVも伸びる傾向にありますね。


体力的に大変な案件ですが、PVが付いてくるとやっぱり嬉しいです。この2年でYahoo!トピックスは30回獲得でき、弊社が担当するまでと比較して同月2.5倍以上のPVになる月も出ました。

また、自分が好きなテニスを仕事として観られるのはうれしいです。文字通り手に汗握ってガッツポーズしたりしています。

テニスにどっぷり漬かっているおかげで今や、ジャージとスニーカーは錦織選手と同じモデル、ウェアはフェデラー選手のモデル、腕時計は大坂選手のモデルです。さらに今回全豪を制したのでジョコビッチ選手のモデルの腕時計もポチっちゃいました。

ライトアップでは、案件の特徴に合わせてチームを組み、臨んでいます。ニュースメディアやオウンドメディアの運用支援にご興味のあるお客様、ぜひお気軽にご相談ください。