WriteUp!

<応募を検討されている方へ>
チャレンジする場をたくさん貰える会社です。
流行にアンテナを張っている人、分野を問わず様々なことに興味がある人は楽しみながら業務ができるかなと思います。
―大学時代はどんなことをしていましたか?

大学では芸術理論を学ぶ学科を専攻していて、イベントをマネジメントするサークルに所属していました。おなじ大学の軽音部や、時にはプロのアーティストを招いて、イベントの企画運営、会場確保、音響や照明などの舞台装置などを行っていました。
演者と会場担当者や技術者の間に立って各方面と調整する、という経験は今のディレクター業務に役立っていると思います。

―Web業界を志したきっかけは?

サークル活動の影響もありますが、授業としてメディア・エンタメ系業界に就職を目指す学生向けの講義があり、そこでWeb業界で働く先輩の話を聞いたことで進路として考え始めました。
ライトアップに入社を決めたのは、私が幅広く興味を持つ性格なので、事例のジャンルの幅広さに惹かれたのが大きいです。また、自分の経験が活かせると思ったことも決め手になりました。

―ライトアップに入社して、どんな案件を担当してきましたか?

メルマガ案件が一番多いです。並行してSNSや診断コンテンツの制作も担当しています。
一番勉強になったのは、動画制作案件です。会社としても事例が少なく、自身も初めて挑戦するジャンルであったこともあり、むずかしさを感じました。
動画制作案件の特徴として、追加撮影などが難しいため、先々まで考えて行動することを学びました。

―仕事をしていて、やりがいを感じるときは?

診断コンテンツ制作の案件を担当しており、診断結果のデータ分析も行っています。データやSNSでの反応を見ていると、実際にユーザーが自分たちの作った診断をやってくれていると感じられて、うれしく思います。
また、原稿制作案件では納品後に追加で発注をいただけたこともあり、仕事が認められたようでうれしかったです。

―大学での経験とギャップを感じたことはありますか?

インターンとして入社の1年前から仕事に携わっていたこともあり、ギャップは感じていません。リーダーやメンターの先輩たちとお話する機会や、新卒向けの教育体制もあり、スムーズに仕事ができていたと思います。
また、社内と社外の調整や、コミュニケーションは大学での経験を活かせていると感じます。

―今後、どんなことにチャレンジしていきたいですか?

幅広い案件に関わっていきたいです。指名されるようなディレクターになれたら嬉しいと思います。

―ありがとうございました。